エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

低リーク電流とは / Low leakage current 



低リーク電流とは

低リーク電流は、電子機器や半導体デバイスで不要に流れる小さな電流を指し、
この電流を最小限に抑えることがエネルギー効率の向上に直結します。

特に、バッテリー駆動デバイスや高精度計測機器では、リーク電流の影響が顕著に表れるため、
低リーク電流技術の重要性が高まっています。


低リーク電流の重要性

リーク電流を低減することで、電子機器のバッテリー寿命を延ばすことができるだけでなく、
エネルギー効率を大幅に向上させることが可能になります。
また、高精度なデータ測定を実現するためには、リーク電流を抑えることが不可欠です。


リーク電流の発生原因

リーク電流は、主に半導体の内部欠陥、不純物、絶縁体の劣化などにより生じます。
これらの原因に対処することで、リーク電流を低減することが可能となります。


低リーク電流技術の進展

半導体製造技術の進化により、微細化が進んだ結果、リーク電流を抑制する新しい技術や材料が開発されています。
例えば、高品質な絶縁膜の開発や、不純物を極限まで減少させる精製技術などがあります。


低リーク電流技術の応用分野



リーク電流の測定方法

リーク電流の測定には高感度な測定装置が必要となります。
これには特殊なアンプリファイアや高精度の電流計測器が使用され、微小なリーク電流を正確に捉えることができます。


設計におけるリーク電流の考慮

電子機器の設計段階でリーク電流を考慮することは、製品の性能と効率を最大化する上で非常に重要です。
設計者はリーク電流の原因となる要素を特定し、それを最小限に抑えるための方法を探求する必要があります。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る