エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

ノイズ特性とは / Noise_characteristics 



ノイズ特性とは


ノイズ特性は、電子機器や回路における不要な信号や干渉を理解し、対策を講じるための重要な要素です。
電子機器の信頼性や性能を保つために、ノイズの種類や発生原因、対策方法を知ることが不可欠です。


ノイズの種類

ノイズには様々な種類があり、それぞれ異なる原因と特性を持っています。
主に、伝導ノイズと放射ノイズの二つに大別されますが、これらを正しく理解することで効果的なノイズ対策が可能になります。


伝導ノイズ

電気回路やケーブルを通じて物理的に伝わるノイズです。
電源線や信号線を介して他の回路に影響を及ぼすことがあります。


放射ノイズ

空間を通じて伝わるノイズで、電磁波の形で発生します。
電子機器間で干渉し合うことにより、予期しない動作の原因となることがあります。


ノイズの発生原因

ノイズは、電子機器の動作中に自然に発生するものから、外部からの干渉によって発生するものまで、多岐にわたります。
具体的には、機器の設計、使用環境、外部からの電磁波などが原因となり得ます。


ノイズ対策の基本

ノイズ対策は、発生源の特定、伝達経路の遮断、受信側の感受性低減の3つの基本的なアプローチから構成されます。
これらを組み合わせることで、効果的なノイズ対策を実現します。


ノイズ対策の具体例


対策 方法
部品配置 ノイズの影響を受けない位置に部品を配置
シールド シールド板やケースを使用してノイズを遮断
グラウンド 広いグラウンドパターンの確保
フィルタリング ノイズフィルタの使用

これらのノイズ対策を適切に実施することで、電子機器の性能と信頼性を向上させることができます。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る