エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

動作温度範囲とは / Operating temperature range 



動作温度範囲とは

動作温度範囲とは、電子機器や部品が正常に機能することが保証される温度の範囲を指します。
この範囲を超えると、機器の性能が低下したり、故障の原因になることがあります。


動作温度範囲の重要性

電子機器の信頼性と耐久性を保つためには、設計された動作温度範囲内で使用することが重要です。


温度が及ぼす影響

温度は、電子部品の物理的、化学的特性に大きく影響し、動作速度や消費電力、寿命にも影響を与えます。


動作温度範囲の例


動作温度範囲の管理方法

熱管理技術を適用し、冷却ファン、ヒートシンク、熱伝導材料などを使用して、
機器を適切な温度範囲内に保つことが重要です。


温度による故障メカニズム

高温や低温は、半導体デバイスの伝導特性を変化させ、
膨張や収縮による物理的な損傷、または化学反応の加速による損傷を引き起こす可能性があります。


動作温度範囲の設定基準

電子機器の動作温度範囲は、使用される部品の種類、機器の設置環境、
想定される使用条件に基づいて設定されます。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る