エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

発振回路とは / Oscillator circuit) 



発振回路とは

発振回路は、外部からの信号なしで一定の周波数の信号を生成する電気回路です。
クロック信号を生成する際などに使用され、コンピュータや通信機器などに不可欠です。
発振回路は、電子回路内で独立した信号源として機能し、様々な電子機器のタイミングを制御します。


発振回路の種類

発振回路には、正弦波発振器と非正弦波発振器の二種類があります。


発振回路の原理

発振回路は、増幅回路とフィードバックネットワークから成り立ち
、適切なフィードバックを通じて信号を発生させます。
このプロセスにより、一定の条件下で回路が自己発振し、継続的な信号を生成することができます。


発振回路の応用例

クロックジェネレータ、RFIDシステム、無線送信機など、発振回路はさまざまな場所で利用されています。
これらの応用により、電子機器は正確なタイミングで動作し、高度な機能を実現できます。
特に、無線通信機器では、発振回路が生成する周波数が通信の品質を左右するため、非常に重要です。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る