エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

過電圧保護とは / OVP 



過電圧保護(OVP)とは

過電圧保護は、電気機器を予期せぬ高電圧から保護するための技術です。
過電圧は、外部からの雷撃、電力系統の異常、機器のオンオフ操作時などに発生することがあります。
このような過電圧が機器に加わると、機器の損傷や火災の原因となるため、適切な保護措置が必要です。


過電圧保護の方法

過電圧から機器を守る方法はいくつかあり、使用環境や保護する機器の種類によって選択されます。


バリスタ

バリスタは、電圧が特定の値を超えると急激に導通し、過剰な電圧をアースに逃がすことで機器を保護します。
サージプロテクターに多用されます。


TVSダイオード

過電圧を迅速にクランプすることで機器を保護する半導体デバイスです。高速かつ低容量の過電圧保護に適しています。


ガス放電管

内部に希ガスを封入した放電管で、特定の電圧以上になると放電を開始し、
過電圧を安全にアースへ逃がします。高エネルギーのサージに対応可能です。


過電流保護回路

過電圧によって発生する過電流を検出し、回路を切断することで機器を保護します。
ヒューズや過電流リレーがこの役割を果たします。


過電圧保護の重要性

過電圧は、電子機器に予期せぬストレスや損傷を引き起こし、機器の故障やデータ損失、
最悪の場合には火災をも引き起こす可能性があります。
適切な過電圧保護を施すことは、機器の安全性と信頼性を確保する上で非常に重要です。


過電圧保護の選択基準

過電圧保護装置を選択する際には、保護する機器の種類、許容される最大電圧、保護装置の応答時間、
および耐久性などを考慮する必要があります。
また、設置環境や予算も選択基準に影響します。


過電圧保護の設置

家庭やオフィスでは、サージプロテクター内蔵の電源タップを使用することで、接続された機器を簡単に保護できます。
産業施設やデータセンターでは、より高度な過電圧保護システムが必要とされ、専門的な知識と技術が求められます。


過電圧保護のメンテナンス

過電圧保護装置も時間とともに劣化するため、定期的な点検と必要に応じた交換が必要です。
特に、雷害が多い地域では、保護装置のチェックを頻繁に行うことが推奨されます。


まとめ

過電圧保護は、電気機器を安全に使用するために不可欠な措置です。
適切な保護装置の選択、設置、およびメンテナンスにより、機器の損傷やそれに伴う二次的なトラブルを防ぐことができます。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る