エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

ピーク電流とは / Peak current 



ピーク電流とは

ピーク電流とは、電気回路や電子機器が動作する際に瞬間的に流れる最大の電流のことを指します。
通常の運用電流よりも大きな値を示し、電力供給システムや回路設計において重要なパラメータとなります。


ピーク電流の発生原因

ピーク電流は、機器の起動時や、大電力を消費する動作を開始する際に発生しやすくなります。
特にモーターの始動、電源のスイッチング、大容量のキャパシタへの充電時などに顕著に現れます。


ピーク電流の影響

過剰なピーク電流は、電子機器や回路に悪影響を及ぼす可能性があります。
回路の過熱、部品の損傷、信号の歪みなどが起こり得るため、適切な設計と保護措置が必要です。


ピーク電流の制御方法


ピーク電流の測定

ピーク電流は、オシロスコープや専用の電流計を用いて測定することができます。
測定結果は、回路設計の検証や、保護回路の設計に役立てられます。


ピーク電流とシステム設計

電子機器やシステムを設計する際には、ピーク電流に耐えられるような電源設計、回路設計が求められます。
ピーク電流の考慮は、機器の安全性と信頼性を確保する上で不可欠です。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る