エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

定格電圧とは / Rated voltage 



定格電圧とは

定格電圧は、電気機器や電子部品が設計された正常な動作条件下で安全に使用できる最大の電圧を指します。
この値を超える電圧を印加すると、機器や部品に損傷を与える可能性があり、
故障や安全上の問題を引き起こすことがあります。


定格電圧の重要性

定格電圧を遵守することは、電気機器の安全性と信頼性を確保する上で非常に重要です。
適切な定格電圧の選定と使用は、電子機器の性能を最大限に引き出し、
長期間にわたって安全に運用するために必須です。


定格電圧の選定基準

機器や部品の定格電圧は、使用される環境、動作条件、安全要件などを考慮して選定されます。
また、国際規格や地域規格に基づく要件を満たすことも、定格電圧選定の重要な要素となります。


定格電圧を超えるリスク

定格電圧を超えて機器や部品に電圧を印加すると、絶縁破壊、過熱、部品の劣化加速など、様々な悪影響が発生します。
これらは最終的に機器の故障や、使用者への危険をもたらす可能性があります。


定格電圧と関連する規格

電気機器の安全性を確保するため、多くの国際規格(IEC規格など)や国内規格で、
定格電圧に関する厳格なガイドラインが設定されています。
これらの規格に準拠することにより、製品の国際市場での流通が可能となります。


定格電圧の実用例


定格電圧の実用的な注意点

電気機器を選定する際には、その機器が使用される環境に適した定格電圧の製品を選ぶことが重要です。
また、輸入機器を使用する場合には、その国の電源電圧に対応しているかを確認する必要があります。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る