エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

共振回路とは / Resonant circuit 



共振回路とは

共振回路は、電気的な振動を生じさせる電子回路の一種で、
特定の周波数で高い電圧や電流を生じさせる性質を持っています。
この特性は、無線通信やフィルタリングなど、多くの分野で応用されています。


共振回路の基本

共振回路は、基本的にコイル(インダクタンスL)とキャパシタ(容量C)で構成され、
この二つの要素がエネルギーを交換することで共振現象を起こします。


シリーズ共振回路

シリーズ共振回路は、コイルとキャパシタが直列に接続されている回路です。
この回路では、共振周波数においてインピーダンスが最小になります。


パラレル共振回路

パラレル共振回路は、コイルとキャパシタが並列に接続されている回路です。
この回路では、共振周波数においてインピーダンスが最大になります。


共振回路の応用例



共振回路の比較


特性 シリーズ共振 パラレル共振
インピーダンス 最小 最大
エネルギーの流れ エネルギーが電流を通して交換 エネルギーが電圧を通して交換
適用 狭帯域フィルター 広帯域フィルター







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る