エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

耐逆電圧とは / Reverse voltage withstand 



耐逆電圧とは


耐逆電圧とは、半導体デバイスが破壊されずに耐えることができる最大の逆方向電圧のことを指します。
この値を超えると、半導体は永久的な損傷を受ける可能性があります。



耐逆電圧の重要性


電子回路において、耐逆電圧はデバイスの信頼性と安全性を保証する上で極めて重要です。
特に、電力を扱うアプリケーションでは、この値に基づいて部品が選定されます。


耐逆電圧の計算方法


耐逆電圧は、デバイスの仕様書に記載されていますが、実際の運用環境を考慮して余裕を持たせることが一般的です。


実世界での例

ダイオードやトランジスタなど、多くの半導体デバイスに耐逆電圧の仕様があります。
これらの部品は、逆電圧に対する耐性が高いほど、より厳しい条件下で使用することが可能です。


耐逆電圧と関連する用語


耐逆電圧の比較表


部品 耐逆電圧 用途
シリコンダイオード 600V 一般的な整流
ショットキーダイオード 100V 高速スイッチング
トランジスタ 60V スイッチング、増幅







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る