エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

信号処理回路とは / Signal processing circuit 



信号処理回路とは

信号処理回路とは、電気信号を特定の方法で加工・処理するための電子回路のことを指します。
これには、信号の増幅、フィルタリング、変調、デジタル変換などが含まれます。



信号処理回路の重要性

通信、オーディオ、ビデオ、センサー応用など、多岐にわたる分野で信号処理回路は不可欠です。
これらの回路は、信号の品質を改善し、目的の情報をより効率的に伝達・処理するために使用されます。


信号処理回路の種類

信号処理回路は、アナログ信号処理回路とデジタル信号処理回路の二つに大きく分類されます。


アナログ信号処理回路

アナログ信号処理回路は、連続的な信号を扱い、フィルタリングや増幅などの処理を行います。
オペアンプを使用した回路が一般的な例です。


デジタル信号処理回路



信号処理回路の応用例


応用分野 使用される信号処理回路 目的
通信 フィルター、変調器 信号のクリアな伝達
オーディオ機器 イコライザー、エフェクター 音質の向上
画像処理 画像圧縮回路 高品質な画像の生成と伝送







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る