エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

ストレートプラグとは / Straight plug 



ストレートプラグとは

ストレートプラグは、直線型のプラグで、電源コードの端に取り付けられ、
電気機器を電源に接続するために使用されます。

コンパクトな設計で、狭いスペースでも容易に使用できるのが特徴です。


ストレートプラグの特徴

直線形状をしており、壁面や配電盤にフラットに接続できるため、
スペースを有効に活用できます。


主な使用場所

家庭内の家電製品、オフィスの電子機器、楽器のアンプなど、幅広い場所で利用されます。


種類と規格

ストレートプラグには、様々な電圧や電流に対応するための多くの種類と規格があります。
使用する機器との互換性を確認することが重要です。


ストレートプラグの選び方


ストレートプラグの利点

設置スペースを選ばず、簡単に取り付けられる汎用性の高さがあります。
また、コンパクトながらも高い耐久性を備えているため、様々な環境での使用に適しています。


比較表

特徴 ストレートプラグ アングルプラグ
形状 直線型 L字型
設置スペース コンパクトなスペースに適している コーナーや限られたスペースに適している
用途の幅広さ 一般的な電気製品に適している 特定の配置に適している






エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る