エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

フォワード電圧とは / VF 



フォワード電圧(順方向電圧 / 順電圧)とは

フォワード電圧(VF)とは、ダイオードを順方向に導通させるために必要な最小電圧のことです。
この電圧を超えると、ダイオードは電流を通し始め、その特性が急激に変化します。

フォワード電圧は、順方向電圧や順電圧とも呼ばれています。


フォワード電圧の意義

フォワード電圧は、ダイオードの性能を理解する上で重要な指標の一つです。
特にLEDや半導体レーザーなど、特定の電圧で動作するデバイスにおいて、
その設計や利用に直接関わってきます。


フォワード電圧の計測方法

フォワード電圧は、電流-電圧特性曲線を描くことで測定されます。
特定の小さな電流値でのダイオードの電圧降下を記録することにより、フォワード電圧を確認できます。


フォワード電圧の変動要因


フォワード電圧の応用

フォワード電圧は、LEDの色や明るさを決定する上で重要な役割を果たします。
また、電源設計においても、ダイオードを選択する際の重要な基準となります。


フォワード電圧による影響

正しいフォワード電圧を適用することで、
ダイオードは最適な条件で動作し、寿命を延ばすことができます。
逆に、不適切な電圧が適用されると、ダイオードは過熱したり、劣化が早まったりする原因となります。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る