エレクトロニクスの豆知識 | 種類・基礎知識 | 用語

ウォールレセプタクルとは / Wall receptacle 



ウォールレセプタクルとは

ウォールレセプタクルは、建物の壁に設置され、電気製品を電源に接続するための装置です。
一般家庭やオフィスなど、さまざまな場所で使用されています。


ウォールレセプタクルの特徴

ウォールレセプタクルには、安全性を高めるための機能や、使いやすさを考慮した設計が施されています。


ウォールレセプタクルの種類


種類 特徴
単相100Vタイプ 一般的な家庭用電源で使用されるタイプです。
単相200Vタイプ エアコンやIHクッキングヒーターなど、
高電力を必要とする機器に使用されます。
防水タイプ キッチンや浴室など、
水回りで使用するための防水機能付きです。


選び方と注意点

ウォールレセプタクルを選ぶ際には、使用する機器の電力や用途に合ったタイプを選ぶことが重要です。
また、安全規格に適合した製品を選ぶことで、電気事故を防ぐことができます。







エレクトロニクスパーツと関連部品の種類・基礎知識 トップに戻る

エレクトロニクスの豆知識 トップに戻る